ランキングで人気の化粧品で敏感肌をケア|正しいクレンジング法

beautiful girl

乾燥の時期に要注意

女の人

洗いすぎには気をつけよう

乾燥のひどい冬場や春先、部屋の中もかなり乾いているはずです。肌の乾燥が進んでいくと乾燥性の敏感肌も併発されやすくなってきます。乾燥は肌のバリアを壊していくので、壊れた皮膚に化粧品などが影響して皮膚環境が悪化し、何をしてもピリピリしみる、顔が真っ赤にかぶれるなどの敏感肌にとなっていくのです。クレンジングのしすぎも敏感肌を悪化させる要因とされています。人間の皮膚には皮脂がある程度あるものですが、朝晩のクレンジングや洗顔などで必要以上に皮脂を取りすぎてしまうとバリア機能が低下して、ますます敏感肌を酷くするという悪循環に陥ることになっていくのです。皮膚科などでもクレンジング剤など敏感肌用の製品が治療の一環として使ってみるのも良いかと思います。

肌を守る工夫の仕方とは

一度敏感肌になってしまうとなかなか治りません。正常なターンオーバーか繰り返せないので何度も同じ症状がでることもあります。あまりに酷いときは病院を受診して治療すべきですが、日ごろから悪化しないような心がけも大切です。若いころは皮脂の分泌も活発ですが、歳を重ねていくごとに皮脂も少なくなります。ですので若いころと同じような洗顔方法やクレンジング剤などを使うのは肌に良くなく、敏感肌を悪化させる原因となります。夜にしっかりとメイクをクレンジングで落としたのならば、朝はお湯でさっと顔の汚れを落とすくらいで十分だとされています。皮脂は肌を守るために必要なので、落としすぎてはいけないのです。これから敏感肌にならないようにクレンジングもほどほどに、肌に優しい方法で行うと良いでしょう。